おおどのコミュニティ協議会

2020年12月31日

2020.10.17 庭木の学校

 つながり分野の事業:庭木の学校はこれまで年2回のペースで実施してきましたが、今年度は5月末の予定が中止となり、10月17日、11回目を実施しました。講師は且R口松樹園の職人の皆さんです。参加者はプロの職人さんからアドバイスを受けながら大殿交流センター内の剪定作業を行いました。
 また、同日開催で、センター定期利用団体の皆さんが草引きの奉仕作業を行いました。総勢46人の作業で、センターの庭がとてもきれいになりました。

つながり(研修)事業 庭木の学校【令和2年10月17日 参加者46人】
主催者あいさつ講師:鰹シ樹園のみなさん 
1017img (1).jpg1017img (2).jpg 
作業の様子  
1017img (3).jpg1017img (4).jpg1017img (5).jpg
   
1017img (6).jpg1017img (7).jpg1017img (8).jpg


タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 00:00 | つながり

2019年09月13日

ほたる祭り 2019.6.1

事業報告用(ほたるまつり6.1)-1.jpg

プリントはこちらから
ほたる祭り 2019.6.1).pdf

タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 14:06 | つながり

防災を考える視察研修 2019.8.31

事業報告用(あんぜん・つながり8.31)-1.jpg

プリントはこちらから
防災を考える視察研修).pdf

タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 13:59 | つながり

2017年12月19日

大殿歴史巡りバスツアー「馬関戦役と門司港めぐる」H29.11.19

「大殿歴史巡りバスツアー」(報告)
■事業名:大殿の歴史資源を次世代につなぐ学習活動事業(特別加算地域づくり交付金)
■開催日:平成29年11月19日(日)
■内 容:大殿歴史巡りバスツアー「馬関戦役と門司港めぐる」
■テーマ:幕末の志士たちに思いを馳せるとともに、これからの大殿のまちづくりに生かす視察研修
■参加者数:27名(26名、記録者1名)

<行程>
8:45  大殿出発

@馬関戦役学習  10:00〜11:00 

●みもすそ川公園
  【みもすそ川公園前の海は、関門海峡で一番狭く、潮流の変化の激しい難所。この場所は、壇ノ浦の合戦や幕末の攘夷戦(馬関戦役)など歴史の転換点となったところです。(下関観光ガイドの会:中山さんの説明より)】
◇馬関戦役の説明を聞く 
・攘夷戦の砲台跡  
1.png
     
◇紙芝居(高杉晋作)
・歴史体感紙芝居 <高杉晋作>
 3.png 2.png 
11:00〜11:15
●関門人道トンネルで門司・和布刈公園へ

4.png   5.png
11:45〜12:45
●三井倶楽部 (昼食)  

A視察  13:00〜15:00  (港ハウス〜栄町商店街)    

●門司港レトロ倶楽部  

「門司港レトロ倶楽部」は門司港で行われる各種イベントの支援、景観づくり、ウェブサイトの運営、「門司港めぐる」の企画運営などを行っている。
  
◇意見交換会
・門司港レトロ倶楽部の歴史、活動内容、学生との活動について
・官民産学が一体となったまちづくりのノウハウについて

レトロ倶楽部・活動説明   大学生・活動説明    意見交換
6.png  8.png 15.png


●門司港めぐる

門司港を愛する案内人による「まち歩き」企画、観光地としてではなく、穴場スポットや隠れエピソードを地元の案内人独自の目線で紹介する。

◇北九州市立大学生のガイドで栄町商店街のまち歩き
・門司を愛する案内人によるまち歩き企画で、門司港レトロ倶楽部の行っている活動の一つ

大学生の説明を聞きながら栄町商店街へ
9.png  10.png  11.png 

12.png  13.png

「モノはうす」は、北九州市立大学門司商店街活性化プロジェクトチームの拠点。
観光客がレトロ地区から商店街を回遊する仕組みづくりに取り組んでいる。  

門司港レトロ倶楽部の皆さんと記念撮影
14-1.png
15:30 門司港出発
17:00 大殿帰着













タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 13:51 | つながり

2017年11月01日

大殿歴史巡りバスツアー「萩往還と萩・明倫学舎」

■事業名:大殿の歴史資源を次世代につなぐ学習活動事業(特別加算地域づくり交付金)無題2.png
■開催日:平成29年10月15日(日)
■内 容:大殿歴史巡りバスツアー「萩往還と萩・明倫学舎」
■テーマ:大殿地域を通る萩往還の歴史を学び幕末の志士たちの旅に思いを馳せる
■参加者数:36名(33名、萩往還語り部の会ガイド2名、記録者1名)

<行程>
8:45 大殿出発
9:15〜 「萩往還」  
  六軒茶屋(車窓)  板堂峠・国境の碑(散策)  佐々並市(散策)
  釿切・五文蔵峠(散策) 唐樋札場跡(車窓)
12:00〜 昼食休憩(萩観光ホテル)
13:30〜「萩・明倫学舎」見学
15:50 萩出発
17:00 大殿帰着

【萩往還】
萩往還は日本海に面した萩城下町(唐樋札場)から瀬戸内海の海港・三田尻までを結ぶ全長約53kmの街道です。慶長9年(1604年)江戸への参勤交代での御成道として開かれました。(萩往還ルートマップより)

 ●板堂峠・国境の碑(散策)   
萩1.png  4萩.png


●佐々並市(散策)
萩5.png  hagi3 .png


●釿切・五文蔵峠(散策)
1文蔵.png  文蔵2.png
     

【萩・明倫学者】
萩藩校明倫館は、享保3年(1718年)に5代藩主毛利吉元が毛利家家臣の子弟の教育のために建てた藩校です。「萩・明倫学舎」は萩藩校明倫館の跡地に立地しており、藩校明倫館の遺構として、槍・剣道場の「有備館」や遊泳術や水中騎馬が行われた水練の池などが見学できます。(旧藩校明倫館案内図より)

萩7.png    萩8.png 

萩10.png

<参加者の感想>
・ 萩往還を一部でしたが実際に歩くことができて、歴史に思いをはせることができました。
・ ガイドさんに説明してもらいながら見学するのは、新しい発見が多く楽しかった。



タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 17:06 | つながり