おおどのコミュニティ協議会

2021年03月02日

おおどの安全マップができました!

2020年11月5日の「見守り関係団体懇談会」でチェックした注意の必要な場所を一覧表&マップにまとめました。

地域の安全のためぜひお役立てください。

安全マップ.jpg

プリントはコチラから↓↓


・マップに対応する番号が振ってあります。







posted by おおどのコミュニティ協議会 at 11:23 | あんぜん

2020年12月31日

2020.11.5 見守り関係団体懇談会開催

 あんぜん部会の見守り活動推進事業:見守り関係団体懇談会は、大殿健児見守り委員会の共催で実施しているものです。
案内団体は、新たに3団体(大殿地区民生委員児童委員協議会・大殿地区老人クラブ連合会・大殿地区福祉員協議会)増え、全体で17団体24人の参加者による懇談会となりました。

<今回重点を置いた意見交換のテーマ>
1)見守り意識を広げていくにはどうしたらいいか
・見守りのためのポスターやチラシを作る
・ながら見守り、あいさつをセットで行う
・声掛けが不審者ではなく、見守りだとわかるようなものが必要
2)見守りの注意が必要な箇所はどこか洗い出そう
・横断歩道で車が止まってくれない
・時間帯進入禁止の標識が見えにくい
などのご意見をふまえ、引き続き地域で何ができるか、検討していきたいと思います。

地域見守り活動事業 見守り関係団体懇談会【令和2年11月5日 参加者24人】
主催者あいさつ
大殿小学校PTA会長
主催者あいさつ
あんぜん部会
懇談会の様子@
1105img (1).jpg1105img (2).jpg1105img (3).jpg
懇談会の様子A見守りの意識を拡げていくには…見守りの注意が必要な個所
1105img (4).jpg1105img (5).jpg1105img (6).jpg
地図で危険個所をチェック  
1105img (7).jpg1105img (8).jpg 










タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 00:00 | あんぜん

2020.9.26 防災の学校

あんぜん部会の自主防災推進活動事業の研修会として、今年度はじめて、「防災の学校」を開催しました。
講師に坂本京子さん(日本防災士会山口県支部女性部部長)を迎え、
「大切な人を守るための防災」 〜コロナリスクをふまえて、今準備しておくこと〜 をテーマにお話ししていただきました。 
当日は地域の皆さん28人が参加し、「災害時に、自分の命が守れなければ家族や大切な人は守れない」、「普段からの準備が大切であること」など改めて意識することが大事だと学びました。
 質疑応答の時間が取れなかったことから、地域情報おお!どの(仮)の紙面で
ご紹介する予定です。(令和3年1月号、2月1日号掲載予定)

自主防災推進活動事業 防災の学校【令和2年9月26日 参加者28人】
会場準備受付部会長あいさつ
20200926img (1) .jpg20200926img (2).jpg20200926img (3).jpg
講師の坂本さん講演のようす@講演のようすA
20200926img (4).jpg20200926img (5).jpg20200926img (6).jpg
掲示物非常持出グッズの展示
20200926img (7).jpg20200926img (8).jpg
地域交流センターに用意されている備品の紹介
20200926img (9).jpg










タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 00:00 | あんぜん

2019年09月13日

見守り関係団体懇談会 2019.7.11

事業報告用(あんぜん7.11懇談会)-1.jpg

プリントはこちらから
見守り関係団体懇談会 2019.7.11pdf

タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 13:55 | あんぜん

2017年12月07日

大殿地区安心安全のつどい H29.11.12

事業名:大殿地区安心安全のつどい事業             つどい1.png                              
部会名:あんぜん部会                                         
開催日:平成29年11月12日(日)
内 容:大殿地区安心安全のつどい(大殿ふるさとまつりと同時開催)


11月12日(日)大殿ふるさとまつりと同時開催の安心安全のつどい会場も大勢の方でにぎわいました。
「けんけつちゃん」と写真を撮ったり、大声大会や非常持ち出しクイズあなたが選ぶベストテンに挑戦したり・・。日赤の体験コーナー、パネル展示、消防車試乗体験や非常食の試食など、大人も子どもも楽しめる企画で、安心安全への意識を高めてもらう事業となりました。
大殿では、地域の業者さんの協力により、不良消火器回収の取組みも継続して行っています。今年は15本の不良消火器を回収。
防災への備えのチラシ配布や珍しい消火器の紹介などもありました。


■非常持出グッズ、あなたが選ぶベストテン ■ 持出1.png
「災害時、あなたなら何を持って逃げますか?」
対象:中学生以上 (先着100名)
 非常時に自分にとって必要なグッズは何なのか。
 並んでいる24点のグッズの中から10点を選び、総務省消防庁が定めているグッズと照らし合わせるクイズ形式の体験コーナーです。
 参加者に「我が家の防災プラン」を考えてもらうきっかけになることを目的としたイベントです。
今回は、参加者96名(10代49名、20〜50代34名、60代〜80代13名)でした。
参加者が選んだ総合順位では、
 第1位 懐中電灯   第2位 飲料水   第3位 保存食品
という結果でした。   持出2.png
 10位以内に総務省消防庁が定めているグッズ14点のうち9点が入っています。日ごろの生活で防災への意識が高まっているようです。

※大殿96名が選んだ非常持出グッズは・・・・・

■大声大会■ 
非常時に大きな声で知らせることができるように、測定器を使って「大声大会」として実施しているイベントです。
「火事だぁ〜!」と大きな声で知らせた後は、初期消火体験へ。
連動して行うことで、非常時の行動を意識してもらう体験コーナーです。                  
 今年の参加者は176名、大声大賞のレベル (100㏈)を超えたのは48名でした。最高測定値は、106.0㏈でした。

3.png  syouka .png  


■消防コーナー■消防1.png
(協力:山口市消防本部、山口市消防団中部方面隊大殿分団)
  
・水消火器体験        ・住宅用火災報知器展示 
・「防火衣」着衣体験  ・消防自動車試乗体験 
・不良消火器回収(1本は無料2本目から500円)15本回収

消防2.png   回収.png


■パネル展示■展示.png
〜自然災害から生き延びる智恵!〜
   自然災害は予告なくやってきます。災害のことをあらかじめ学んで、
  生き延びる知恵を身につけよう! と 呼びかけました。                           


■日本赤十字社山口県支部コーナー■(今年の新企画)
・健康相談コーナー ・なりきり日赤救護班(救急隊員の制服を来て、はい、ポーズ。)
・けんけつちゃんも大人気!! 
・赤十字の講習体験 ・救援物資展示

日赤1.png  日赤2.png
 








 













タグ:活動報告


posted by おおどのコミュニティ協議会 at 16:16 | あんぜん